TOYOTA 2018 RECRUITING SITETOYOTA 2018 RECRUITING SITE

HOME > 【事務系コース】人 > 社員のキャリア紹介 > 宮本 有紀子

社員のキャリア紹介

05

海外での経験を存分に活かし、海外戦略車の企画をリードする

第1トヨタ企画部 商品計画室 法学部卒 1998年入社 宮本 有紀子

宮本 有紀子 Yukiko Miyamoto
第1トヨタ企画部 商品計画室
※現在所属:商品・事業企画部 未来プロジェクト室 第1グループ グループ長
法学部卒 1998年入社

二児の母。今は子供どっぷりの生活。ベルギーで経験した仕事&子育てのバランスの取れたライフスタイルに影響を受け、自然体で両立を楽しんでいる。週末は、友人とのホームパーティー等で楽しむ。

「大丈夫」のひと言が私からのアドバイス

日本とベルギーで子どもを産んで、私は現在、二児の母。その間もずっと第一線で仕事を続けてきました。別に明確なライフプランを描いていたわけでもなく、じつは自然体で成り行きに任せてきた結果なのですけれども。よく女子の学生からトヨタでの仕事と子育ての両立について聞かれるのですが、その時の私のいつもの答えがこれ。「大丈夫、なんとかなるから」。

営業企画のプロフェッショナルとしてカムバック

じつは私は一度トヨタを退職しているのです。そんな私の復帰をサポートしてくれたのがプロキャリアカムバック制度という仕組み。また現在は、在宅勤務制度も活用してフレキシブルに働いています。トヨタは外から見ると堅いイメージがあるかもしれませんが、色々な仕事のスタイルを受け入れてくれる、とても懐が深い会社です。もちろん、そのためには常に責任をもって前向きに仕事に取り組むことが条件であることは言うまでもありませんが。

営業企画のプロフェッショナルとしてカムバック

Career Step
1998 入社。国内企画部に配属
クルマの企画に携わる。高級車で経験を積んだ後、「自分が乗りたくなるような小型車の企画をしたい」という希望が叶い、若い女性をターゲットにした小型車初代イスト、パッソを担当する。
2003 育児休職
出産・育児のために1年間の育児休職に。
2004 国内企画部に復帰
ファミリーカーのノア、ヴォクシーなどを担当。
2005 トヨタを退社。
2006 TME※に入社
夫の転勤に伴い、家族でベルギーに暮らすことになったため退社。採用試験を受けてTMEに現地採用として入社。TMEでは主にマーケティングを担当する。また、在職中に8カ月間休職して2人目の子どもを出産。
2009 TME退職。 帰国して営業企画部に復職
再び夫の転勤に伴い、TMEを退職して帰国。プロキャリアカムバック制度を活用して、トヨタに再入社し、営業企画部に復職する。この制度は、一定の事情で退職した、プロフェッショナルとしてキャリアをもつ社員の復職をサポートするもの。ちなみに宮本はその適用第1号。
現在、数名のチームを率いるリーダーとして、カムリ、ハイランダーなど海外戦略車の商品企画を担当。海外での経験を活かして、現地との積極的なコミュニケーションのもと、商品企画をリードしている。

※Toyota Motor Europe NV/SA トヨタの欧州事業の現地統括管理会社

社員一覧へ戻る