生産管理

Production Control

あらゆるムダを取り除く。
世界に誇る、トヨタの強さの理由はここにある。

売れるクルマを売れるタイミングで売れるだけお客様に供給する司令塔。KAIZENという言葉は海を渡った。世界に誇る、トヨタの競争力の秘密が、ここにあります。

主に以下の部署にて構成されます。

・生産調査部

TPS(トヨタ生産方式)の基盤づくりと体制強化をはじめとする、社内協業活動
関係会社や海外事業体との支援活動をはじめとする、社外支援活動

・生産管理部

世界中の生産計画の決定・稼働判断
全世界の工場の競争力評価
IT技術を駆使し、業務プロセス改革を推進
全工場資材の原価・供給管理

・新車進行管理

新車(モデルチェンジ)の企画から生産までを一貫してマネジメント。他社にはないトヨタ独自の部署

・物流領域

部品メーカー~工場、お客様(販売店)までの部品、パーツ、完成車の物流効率を追求

キャリアステップ

入社1~3年目

現地現物で学び、一人で担当業務を実行できるように。

入社4~8年目

コアスキルを習得。複数部門を巻き込んでの調整・進行や、海外拠点での実務経験などを担う。

入社9年目~

生産・物流のプロフェッショナル・リーダーとして活躍。海外事業体での経験も視野に入る。

キャリア事例

生産管理部
生産性・競争力強化推進室所属
入社8年目
入社1~3年目
生産性・競争力強化推進室 査業グループに配属。とあるクルマの部品生産作業をビデオ撮影して、徹底的に観察。作業の無駄を発見して、現場の部長と意見をぶつけ合い、作業時間の短縮に成功。
4~5年目
海外の生産性向上活動の支援活動。
6年目~現在
生産性・競争力強化推進室 原価改善グループへ異動。全社の課題である工場現場の高年齢化について、人事や生産技術、工場を巻き込みながら対策立案している。
物流管理部
企画室所属
入社10年目
入社1~3年目
物流管理部 調査室に配属。工場での物流改善を担当。
4~7年目
衣浦工場 生産管理室に異動。材料から製品まで、幅広い工程で物流を捉える経験を積む。
8年目~現在
物流管理部 企画室に異動。車両開発~企画など、新しいクルマがつくられる工程から物流担当として入り込む。

先輩社員インタビュー

【事務職本部一覧】
国内営業 海外営業 生産管理 調達 カスタマーファースト 総務・人事 経理 渉外広報 コネクティッド・情報システム
【技術職コース一覧】
車両系 技術コース パワートレーン系 技術・生技・製造コース 車両系 生技・製造コース コネクティッド・情報システムコース カスタマーファーストコース

MOVIE REPORT

工場生産管理 赴任先・関与地域 ジャカルタ(TMMIN)
インドネシアは近年の目覚ましい経済発展により自動車市場が年間100万台以上に急拡大し、トヨタとしてもグローバルで5番目に大きい市場に成長しました。新工場建設・新モデル立ち上げとプロジェクトが山積する中、工場内の生産や物流がスムーズに進むよう業務改善を行いながら、真の現地化に向けスタッフの育成を推進することが私のミッションです。一方で、宗教や文化は日本のそれと大きく異なります。日々、彼らのバックグラウンドに対する理解を深めながら、真のビジネスパートナーとなるため努力を重ねています。