TOYOTA 2018 RECRUITING SITETOYOTA 2018 RECRUITING SITE

HOME > 制度 > 人材育成制度

人材育成制度

人材育成制度

人材育成の理念、基本的な考え方

トヨタの成長の源泉は人材育成にあり。

「人間がモノをつくるのだから、人をつくらねば仕事も始まらない」。トヨタは常にこの理念をもって、人材育成に取り組んできました。
トヨタの人材育成の最大のねらいは、個人の創造力を高めつつ、専門性の向上をはかること。
その結果、高められた多様な個人の能力とチームワークの強みを最大限に発揮できる企業風土をつくることにあります。

グローバル化の進展、内外市場の急速な変化、地球環境やエネルギー問題…
いまトヨタは、かつてない急激な環境変化に直面しています。
そのため、社員一人ひとりには、世界に対して、高度な専門能力、創造性、チャレンジ精神を発揮できる人材になることが求められています。

だからこそ世界で活躍できるプロフェッショナルと呼べる人材を育成するために、トヨタの伝統ともいえる「組織力・チームワークを重視する伝統」と「教え、教えられる職場」を守り、受け継いでいくことが重要であると考えています。

“職場”と”自主性”が、育成の軸です。

“職場”と”自主性”が、育成の軸です。

拡大表示する

トヨタの人材育成の基本は、あくまで職場にあると考えています。日々の業務を通じて、上司や先輩から指導を受け、また部下や後輩を指導する「教え、教えられる関係」を築くこと。それにより多くを学び、成長することができる。OJT(On the Job Training)こそが、何より重要です。

トヨタでは、人事制度を通じて部下の能力・成果を適切に評価し、上司からのフィードバックを行うことにより、個人能力の向上を支援していきます。更に、こうしたOJTを補完するために、OFF-JTとして様々な研修を実施しています。
個人の成長は、自らがそれを望んだとき、はじめて果たされるもの。社員自らが成長を望んだとき、会社がその情熱を真正面から受け止めることができる環境を用意しておくことこそ人材育成の基盤であると考えております。