社員インタビュー

Staff Interview

TOYOTAのクルマづくり

TOYOTAのクルマづくり 先行開発 生産 トヨタを舵取りする仕事 販売・マーケティング アフターサポート 商品企画
TOYOTAのクルマづくり 先行開発 生産 トヨタを舵取りする仕事 販売・マーケティング アフターサポート 商品企画
  • #ALL
  • #事務系
  • #技術系
  • #業務職
  • #グローバル
  • #現地現物を体現
  • #部門を越えたチームプレー
  • #社外まで巻き込む
  • #先輩・上司とのキズナ
  • #1年目からすべて任された
  • #安全へのこだわり
  • #走りへのこだわり
  • #クルマ全体を手がける
  • #自動運転
  • #地球環境のために。
  • #リケジョ
  • #ワーキングマザー
  • #元商社志望
  • #ブランド戦略
  • #世界への責任
  • #未来への覚悟
  • #海外駐在員Movie
  • #先行開発
  • #生産
  • #トヨタを舵取りする仕事
  • #販売・マーケティング
  • #アフターサポート
  • #商品企画

MOVIE REPORT

南ア調達基盤強化 赴任先・関与地域 ダーバン(TSAM)
調達という仕事に携わって以来、常に海外赴任を念頭に視野を広げてきました。自分自身の学びを深めたいと、一人あたりの業務範囲が広い新興国を希望していました。赴任した「虹色の国」南アフリカのメンバー構成は、まさに人種のるつぼ。国籍や人種を越えた仲間が切磋琢磨しています。様々な場所へ行き、沢山の人と出会い、異なる考え方に触れることができる、とても刺激的な環境に身を置いています。

MOVIE REPORT

需給オペレーションの構築・改善 赴任先・関与地域 サンパウロ(TDB)
入社6年目、サンパウロで2年間の現地研修が決まりました。未知の国での新しい生活にワクワクすると同時に、伸び盛りの新興国市場で自分が担う役割の大きさに身が引き締まりました。親日家の多いブラジルですが、それでも言語・文化・考え方には大きな違いがあり、意見を戦わせることもしばしば。しかしながら、「かけがえのない1台」をお客様に届けるために、チーム一丸となって成果を出した時の達成感は何物にも変えられません。

MOVIE REPORT

レクサス販売・需給機能強化 赴任先・関与地域 北京(TMCI)

中国市場における、レクサスの需給調整と販売企画を担当しています。海外での仕事の醍醐味は、現場の近くに身を置いて仕事ができること。まさにモータリゼーションが進行中である中国市場の変化は早く、次から次へと課題が出てくるのが難しさでもあり、面白さでもあります。
語学や文化を学び、現地の仲間と血の通ったコミュニケーションをしながら、多くの生涯の友人を得ることもできました。駐在を通じ、会社生活のみならず、人生の礎となる多くの宝物を手に入れました。

MOVIE REPORT

工場生産管理 赴任先・関与地域 ジャカルタ(TMMIN)
インドネシアは近年の目覚ましい経済発展により自動車市場が年間100万台以上に急拡大し、トヨタとしてもグローバルで5番目に大きい市場に成長しました。新工場建設・新モデル立ち上げとプロジェクトが山積する中、工場内の生産や物流がスムーズに進むよう業務改善を行いながら、真の現地化に向けスタッフの育成を推進することが私のミッションです。一方で、宗教や文化は日本のそれと大きく異なります。日々、彼らのバックグラウンドに対する理解を深めながら、真のビジネスパートナーとなるため努力を重ねています。
AREA REPORT

調達という仕事に携わって以来、常に海外赴任を念頭に視野を広げてきました。自分自身の学びを深めたいと、一人あたりの業務範囲が広い新興国を希望していました。赴任した「虹色の国」南アフリカのメンバー構成は、まさに人種のるつぼ。国籍や人種を越えた仲間が切磋琢磨しています。様々な場所へ行き、沢山の人と出会い、異なる考え方に触れることができる、とても刺激的な環境に身を置いています。
AREA REPORT

入社6年目、サンパウロで2年間の現地研修が決まりました。未知の国での新しい生活にワクワクすると同時に、伸び盛りの新興国市場で自分が担う役割の大きさに身が引き締まりました。親日家の多いブラジルですが、それでも言語・文化・考え方には大きな違いがあり、意見を戦わせることもしばしば。しかしながら、「かけがえのない1台」をお客様に届けるために、チーム一丸となって成果を出した時の達成感は何物にも変えられません。
AREA REPORT

中国市場における、レクサスの需給調整と販売企画を担当しています。海外での仕事の醍醐味は、現場の近くに身を置いて仕事ができること。まさにモータリゼーションが進行中である中国市場の変化は早く、次から次へと課題が出てくるのが難しさでもあり、面白さでもあります。
語学や文化を学び、現地の仲間と血の通ったコミュニケーションをしながら、多くの生涯の友人を得ることもできました。駐在を通じ、会社生活のみならず、人生の礎となる多くの宝物を手に入れました。
AREA REPORT

インドネシアは近年の目覚ましい経済発展により自動車市場が年間100万台以上に急拡大し、トヨタとしてもグローバルで5番目に大きい市場に成長しました。新工場建設・新モデル立ち上げとプロジェクトが山積する中、工場内の生産や物流がスムーズに進むよう業務改善を行いながら、真の現地化に向けスタッフの育成を推進することが私のミッションです。一方で、宗教や文化は日本のそれと大きく異なります。日々、彼らのバックグラウンドに対する理解を深めながら、真のビジネスパートナーとなるため努力を重ねています。