INTERVIEW

まるで「アポロ計画」のような
自動運転という現代人の夢を
ITの力で実現させていきたい。

先行開発R.I

PROFILE

先進安全先行開発部 原子力国際専攻修了 2016年入社

中途入社。前職は、大手Web企業で大規模検索エンジンの構築やビッグデータを活用したレコメンドシステムを開発。事故ゼロを目指す自動運転システムの開発にロマンを感じ、IT技術で貢献したいと決意を抱き、トヨタ自動車に転職。現在は、一般道での自動運転技術の先行開発に従事している。

複雑な一般道の周辺環境を、正しく認識するために

一般道における自動運転システムの先行開発に携わっています。自動運転といえば、自動車専用道路ではその成果を目にすることも多いですが、一般道ではまだまだ課題は山積み。自動車専用道路に比べて、信号や歩行者の動きなど複雑な周辺環境を正しく認識することが求められるので、非常に難易度が高くなります。

複数のレーダーやカメラ、センサーを組み合わせながら、環境を認識する精度を高めると同時に、「どう走れば安全なのか」という車両制御の意思決定を行って、最終的にハンドル・アクセル・ブレーキを操作しています。毎日のように走行試験を行い、課題の分析とロジック開発、評価を繰り返しながら精度向上に努めているのですが、センサーを使って得られた処理結果を加工しながら、周辺環境がわかるようになっていく過程はとても興味深いです。Web上のデータだけでなく、ハードウェアから取り込んだ現実世界の情報で「センサーから見た世界」が見えてくるのが面白いですね。

自動運転への投資額や特許申請数が世界トップクラス

自動運転への投資額や特許申請数が
世界トップクラス

もともとソフトウェアやITに興味があり、世の中の多くの人に使ってもらえるようなサービスをつくりたいと思い、大規模ポータルサイトを展開するIT企業に就職しました。社内で立ち上げた推薦システムの構築もひと段落し、次はまったく新しい分野で挑戦したいと考えて、いくつかの企業から内定をいただきました。

トヨタ自動車に決めた理由は、自動運転システムという壮大なプロジェクトに参加して、自身の技術力をもってして成し遂げてみたいと思ったから。死亡事故を無くし、免許のない人でも行先を入力すれば自由に移動できるシステムは、現代人の究極の夢。いわばかつての「アポロ計画」のようなもので、ぜひ挑戦してみたかった。自分なりに調べてみると、自動運転に関する投資額が世界でもトップクラスであることや、特許申請数が日本で一番多いなど、取り組みへの本気度を感じました。また、大企業にもかかわらず、PFNやUberなど新興企業とも積極的にタッグを組んで新たな技術を取り入れようとする姿勢にも共感できました。

IT企業で経験した開発経験が、自動運転に活きている

IT企業での開発経験があれば、自動運転システムの構築にもかなり活かせると思います。私の場合も、前職ではリナックスOSをベースに、言語もPythonやC++などを使用していましたが、今の仕事でも基本は同じです。また、ネットワーク構築の知識も、安定的にセンサーを動かすには必要ですから、大いに役立っています。

ただ、前職ではセンサーは扱っていませんでしたので、その扱い方や処理の仕方は勉強中。もちろん自分でも調べますが、だいたいは上司や同僚に聞けば教えてくれます。私の所属するチームの半分は他業界からの転職者です。物理学の専門家もいれば、センサー開発や画像処理のキャリアなど、多種多彩。私はいわばソフトウェアの専門家ですが、さまざまな得意分野を持った人たちが集まってチームを組んでいますから、誰かに聞けば、たいていのことは解決できます。

また、東富士研究所では、デスクワークの場とテストコースが隣接しているので、ソフトウェアのコーディングが終わると、それをクルマに実装してさっそくテストコースで試すことができます。自分のアイデアをすぐに試すことができるところが、ここで仕事をしていて楽しいと思えるポイントのひとつです。

役員デモで、乗り心地まで追求する使命を再確認

役員デモで、乗り心地まで追求する使命を再確認

日頃の成果を確認する場として、役員に試乗してもらう機会がありました。その試乗日のひと月ほど前から、少しでも精度を上げるためにチーム一丸となって、プログラムを開発し、評価と改善を繰り返したことで、すごく充実感が味わえました。

役員デモでは、実際に役員がハンドルを握って自動走行します。試乗を終えた役員から「安全に運転するだけではダメで、乗り心地も追求してほしい」との意見をもらい、トヨタ自動車が自動運転システムに挑戦する意義を感じました。たとえば、多くのドライバーは大型トラックと並走するときに、心理的に怖いので少し横へ避けます。しかし、現状の自動運転では避け過ぎたり、避け方が足りなかったりする。このような人間の感覚的な部分まで取り入れながら、乗り心地の良いものにしていきたいですね。

所属は取材当時のものです。

社員インタビュー INDEXヘ