TOYOTA 2018 RECRUITING SITETOYOTA 2018 RECRUITING SITE

HOME > 【技術系コース】人 > 社員の仕事紹介 > 矢島 生

社員の仕事紹介

矢島 生 上郷工場 品質管理部 品質監査室

矢島 生

上郷工場 品質管理部 品質監査室
※現在所属:上郷工場品質管理部 品質監査室 鋳造品質グループ 主任材料加工プロセス学専攻 修士了 2003年入社


工場見学が趣味という根っからの製造エンジニア。ゴルフや酒蔵巡りなど休日も忙しい。

出身学科 材料加工プロセス学専攻 開発フェーズ 製造・品質管理 技術分野 エンジン・ドライブトレーン
  • 工場の誇りとトヨタの信頼を守る、品質管理というミッション

    • エンジンを生産する上郷工場で品質管理に携わっています。品質に影響する問題を未然に防ぎ、あるいは問題が起きてしまった場合には解決するために早急に対応するのが役割です。エンジンの設計段階から開発に加わって品質管理の視点から改善を提案し、つくり込んでいきます。また、生産の現場にも足を運び、作業者の細かな動作一つひとつまで点検しています。ひと言で問題といっても、クルマの性能に影響しかねない大きな問題から、生産ラインでの歩留まりを低下させる不良まで様々。これらすべて品質に関わる管理について責任を担うのが私たち品質管理のミッション。上郷工場の品質を守る「最後の砦」という気持ちで、毎日仕事に取り組んでいます。

  • 上郷工場の品質を守る「最後の砦」

    • 品質に関わる問題をいかに未然に防ぐか。これが、私たち品質管理部が担うもっとも重要なミッションです。そのため、エンジンの設計段階から、設計ばかりでなく製造や生産技術のエンジニアと一緒になって開発に携わります。たとえば、「その形状では組み付け性が悪く、作業者がミスする確率が高くなるため改良が必要」などと、品質管理の立場から提案をしていきます。一方、生産ラインで出る不良品の対応などでは、改善の糸口を見つけるため、何日も現場に張り付いて作業者の動きを観察することも。エンジンの品質を高めていくために地道な仕事を積み上げていかなければなりません。
      ある後輩が「品質管理は料理長の仕事に似ている」と言っていました。確かに、お客様に出す料理の味を確かめて、最後に責任をもってGOサインを出す料理長の役割と似ていますね。初代セルシオの生産立ち上がりの時、「この状態では世界最高品質のクルマとして市場には出せない」と、工場の品質管理責任者の責任でラインオフを遅らせたという話があります。発売を遅らせたことは相当な影響があったようですが、セルシオの高品質は、そこまでのこだわりがあったからこそ実現できた。私たちは、上郷工場の品質を守る「最後の砦」なのです。

  • エンジンの設計や評価試験にまで及ぶ品質管理

    • 現在生産準備中の新エンジンでは、ある箇所のボルトの設計をやり直しています。これも、私たち品質管理からの提案によるもの。このタイプのエンジンはオイル漏れが起こりやすいという課題を抱えていました。シール剤を工夫するなど、現場としてやれるだけのことはやってきましたが、どうしても限界がありました。そこで今回の開発では設計とすり合わせをし、ボルトを改良して密閉性を高めました。設計としても以前から気にはしていたのですが、その箇所の設計変更は生産技術や製造ラインに大きな影響を及ぼすため、なかなか踏み切れなかったのですね。そこを今回は品質管理の立場から粘り強く交渉して改善にこぎつけました。
      このように新エンジンの立ち上げ時には、品質管理部として設計とは別に独自の評価試験も行います。量産となると、試作段階とまた違って、部品の精度には必ずバラツキが存在します。たとえば寸法公差が±0.05mmであるなら、その一番厳しい条件で耐久試験をする必要がある。これに加え、図面値には出てこないバラツキもあり、これらを盛り込んだ耐久試験で問題が発生するようならば、設計にフィードバックしてまた改良を重ねるのです。

  • 熟練の技能員の知恵と経験から学ぶこと

    • 品質問題には生産ラインでの作業も大きく影響してきます。たとえば1回の作業で問題はないが、何回か繰り返していくうちに作業の精度が落ちることもあり、この小さな不具合が歩留まりを悪くし、最悪は市場問題につながるのです。この解決には、とにかく現場に行って自分の目で見て話を聞くこと。現地現物が基本であることは言うまでもありません。
      熟練の技能員は本当に驚くほど豊富な知識をもっています。技術に対する洞察力も凄い。このような現場の知恵と経験を蓄積して製品に活かしていくのも、私たち工場のエンジニアの大事な役割だと実感しています。

  • 品質管理の横展開とともに世界を目指す

    • じつは私は休日に様々なメーカーの工場見学に行くほど工場が大好き。その工場の現場で毎日仕事ができることが、私にとっての一番の魅力です。また、問題の原因を、推理小説のように一つひとつ探って突き止めていくのも楽しいですね。
      上郷工場は、エンジンの主力工場のひとつとして、最新のノウハウを確立して海外の工場へ横展開していく役割を担っています。それだけに私たちの仕事も重要。上郷工場で品質管理のスキルを鍛え、将来はその経験を活かして海外でも活躍してみたいですね。

column


矢島のある1日のスケジュール。現地現物が基本で、工場内の事務所から自転車で毎日生産ラインに赴く。ベテラン技能員との談笑の中から学ぶことも多い。問題があれば仕入れ先さんに行くことも。現地現物が基本。


拡大表示する

※先輩社員の所属部署は、2013年取材時のものです。

社員一覧へ戻る