TOYOTA 2018 RECRUITING SITETOYOTA 2018 RECRUITING SITE

HOME > 【技術系コース】人 > 社員の仕事紹介 > 黒野 洋輔

社員の仕事紹介

黒野 洋輔 HVユニット開発部 HVモータ開発室

黒野 洋輔

HVユニット開発部 HVモータ開発室
※現在所属:HVユニット開発部 HVモータ開発室 モータケーブルグループ 主任電気工学研究科専攻 修士了 2005年入社


趣味はBMXやスノーボードなど。本社のある豊田市は海にも山にも近く、同期の仲間と遊ぶことも多い。

出身学科 電気工学研究科専攻 開発フェーズ 先行開発 技術分野 HV・FC
  • 最先端ならではの魅力とプレッシャー。夢は世界標準のモータ開発

    • HV車の主要部品であるモータの設計・開発を担当。世界トップの環境性能を追究してモータの小型化、軽量化、高効率・低コスト化に取り組んでいます。モータ自体は100年以上もの歴史のある技術ですが、それをクルマに搭載するとなるとまったく違う次元となり、様々な壁をクリアしなければなりません。未知なことが多い分、それだけ斬新な発想でのチャレンジが必要となります。自分のアイデアが採用されクルマとなって具現化されることは凄い魅力ですが、責任感やプレッシャーも大きい。特に品質確認については徹底して取り組んでいます。モータは今後、HVだけでなくEVやFCなどの環境車においてもコアとなる技術。世界標準となるモータを実現しようと、若いエンジニアたちが一体となって挑戦しています。

  • クルマづくりの基本を現地現物で学ぶ

    • 学生時代の専攻は電気工学で、モータの研究をしていました。ちょうどプリウスが脚光を浴び始めた時期で、トヨタに入社した先輩の誇らしげな話しぶりを見て、自分も絶対にトヨタに行ってHVをやりたいと思いましたね。そして入社して、運良く念願のHVユニット開発部に配属されたのですが、最初に任されたのはモータではなく、インバータやモータを冷却する配管の搭載設計。これは、まず新人にはクルマ全体の基本知識を身につけさせるため搭載設計を経験させるという部の方針でした。当時は、「なぜ?」と思いましたが、今考えれば、この2年間は非常に貴重な経験でした。ボデー設計をはじめ、じつに様々なエンジニアと一緒に仕事をしてクルマ全体に関わる色々な知識を学ぶことができました。生産の現場に直接行って、ベテランの作業員に「こんな設計では組み立てられないだろう!」と叱られたことも。新人時代に現地現物で学んだことは、現在の設計に大きく役立っています。

  • 先端を走る魅力と、大きなプレッシャー

    • そうして入社3年目からは念願のモータ開発に携わることに。3代目プリウスと新しいコンパクトHV車のモータを担当しました。HVには発電用と駆動用の2つのモータがあるのですが、新規開発のたびに毎回世界初の技術を取り入れて構造変更を行い、大きな性能UPを実現しています。私が担当したコンパクトHV用のモータでは、巻線のコイル経路を独自に開発・設計することで、大幅な小型・軽量化を実現しました。
      モータ設計の魅力は、この新規開発のたびに大きな技術アップが伴うスピード感ですが、自分のアイデアが短期間で製品化されることもあり、大きなプレッシャーもあります。しかし、それだけに成功した時の醍醐味も大きい。100年以上もの歴史があるモータ技術を、クルマに搭載する場合、振動や熱などに対する耐久性、小型化など様々なテーマが出てきます。現在、その最適解を巡って世界中のメーカーが競い合っている状況にあります。その中でも私たちトヨタは先行しており、自分が生み出したアイデアや構造が世界のエンジニアの目標にされるモータとなる可能性もあるのです。

  • 「仲良くケンカ」というトヨタの流儀

    • コンパクトHV用のモータでは、開発の途中で品質課題があることがわかり、ある部品を構造から再設計するという経験もしました。課題が大きいだけに設計・評価項目も多く、これをブレイクスルーできなければプロジェクト自体が遅れる可能性もあるという危機的状況。設計担当の私ばかりでなく、生産技術や製造、さらにはモジュールを供給する仕入れ先さんのエンジニアが集まり必死に知恵を出し合いました。3カ月間毎日のように白熱した議論を重ねて、改善に成功しチームでこの難題を解決することができました。
      トヨタには「仲良くケンカ」という言葉があります。違う考えの人とぶつかり合うことを恐れずに、「お客様第一」の思想のもと、自分の意見を言い合う。お互いに腹を割って納得するまで議論して、みんなで同じ方向に向かって開発を進めるというのがトヨタのやり方なのです。

  • チームのみんなでHV車の新しい歴史を

    • 現在は、少しだけ新規開発を離れて、品質の取りまとめを担当しています。HVの開発には自分たちで新しい歴史をつくっていくという大きな魅力があります。しかし、歴史が浅いだけに配慮しなければならないことも多い。品質はその中でも最重要課題であり、トヨタは、けっして妥協しないという姿勢でこのテーマに向き合っています。お客様から寄せられるご要望についても、そのすべてを入念に検討し、ひとつずつ大切に対応しています。設計に対する姿勢を改めて考える上でも、この対応はとても勉強になりますね。このような経験を積み重ねて、まずはモータ設計のスペシャリストになるのが目標。そしてリーダーとしてプロジェクトを取りまとめながら、チームのみんなで世界のクルマを革新させるモータを開発するのが現在の夢であり目標です。

column


新規ユニットの開発フロー
トヨタには各分野のスペシャリスト(材技、専門評価部署など)が存在し、設計検討段階で意見を反映させるプロセスが必須。⇒抜けモレの無い検討が可能。


拡大表示する

※先輩社員の所属部署は、2013年取材時のものです。

社員一覧へ戻る