ENTRY / LOGIN

職種紹介

Course Introduction

トヨタの組織構成、各セクションに属する職種の仕事内容やミッション、人材育成の理念や制度などをお伝えします。どんな仕事に就いて何をしたいのか。そのために磨くべきことは何か。あなたが描くキャリアプランと重ね合わせ、理想の未来を設計するための参考にしてください。

情報システム

ITで未来のモビリティ社会を描き、次の100年の礎を築く。

ITは未来のモビリティ社会の中心でありインフラでもある、欠かせない存在。情報システム分野では、事業環境の急速な変化に対応し、オールトヨタのビジネス革新を支えていきます。事務系社員と技術系社員が1つの部署で協働して業務にあたっています。

情報システムの中で、2つの室を代表事例として紹介します。

IT革新推進室
  • ・MaaS、自動運転等のクルマの新たな付加価値の開発では、競合相手は自動車業界以外の他業種にまで広がってきており、特にIT大手は、最新のIT技術を活用し、開発プロセスの変革・加速化を猛烈な勢いで実施しています。トヨタ自動車においても最新IT技術を活用した変革は必須であり、それを支えるITインフラ・アプリケーション(ITプラットフォーム)の構築はますます重要になっています。
    (例 ワイヤレスでクルマのソフトウェアや機能をアップデートしたり、走行中データをリアルタイムで収集・分析する仕組み(OTA)の企画、開発など
  • ・IT革新推進室では、自動運転・コネクティッド化を支えるITプラットフォームの企画から開発・構築・展開、モビリティ社会を支える基盤へとITプラットフォームを進化させるための事業戦略の企画・実行を担っています。
情報セキュリティ推進室
  • ・繋がる技術やモビリティサービスの進展でクルマを取り巻く環境は大きく変わっています。IoT 時代になり、あらゆるものが繋がった世界では、全てのモノやサービスがサイバー攻撃の標的になりえます。またコネクティッドカーに代表されるIoT機器から収集されるビッグデータはお客様の個人情報が含まれることから、その管理が非常に重要であるとともに、企業にとっても貴重な財産になりつつあります。お客様に安心、安全なクルマやモビリティサービスを提供するためにはサイバーセキュリティや情報管理の位置づけはますます重要になってきています。
  • ・情報セキュリティ推進室が担うサイバーセキュリティ対策や情報管理は、クルマやモビリティに関わる業務や世界の脅威情報、法規制、暗号化技術、IT技術、車両電子制御技術など幅広い知識や技術が必要とされる仕事です。

キャリアステップ

入社1~3年目

一人前へ成長をテーマに、基礎知識・スキルの向上に努めます。

入社4~6年目

専門技術を深掘り、ビジネスモデル関連の知識や問題解決能力を習得します。

入社7年目~

企画立案やプロジェクト開拓、異なるエリアでの経験を通じて、課題設定力や解決能力を高めます。

キャリア事例

第1エンジニアリング情報部
生技デジタル推進室所属
入社4年目

入社1~2年目工場実習、現場常駐でIT活用状況を確認すると共に、IT技術やユーザー業務内容を習得。
入社3年目新規領域に関してシステムの活用提案と導入を行い、現場の業務プロセス改善に寄与。
入社4年目~現在MixedReality(MR)を活用した業務改革支援を担当し、車両開発~製造と幅広い分野に企画・提案・導入を実施。MRを使うことで従来のモノベースな働き方からデジタルベースへ。効率が飛躍的に向上し、トヨタの力強い競争力を支えている。

情報セキュリティ推進室所属
入社4年目

入社1~2年目工場実習、現場常駐でトヨタのサイバーセキュリティの取り組み内容を理解すると共に、IT技術や関連の業務内容を習得。
入社3年目新たな領域に関して先輩社員と一緒に、セキュリティ施策の検討を開始、先進的な業界での取り組み事例や、規制の状況を調査。
入社4年目コネクティッドカーへの新たなセキュリティ施策導入の為、幅広い関係部署とデータや業務プロセスを現地現物で確認し、新たなプロセスと施策を関連部署に提案。トヨタの競争力強化をセキュリティ面から加速化すると同時に、安心・安全な社会作りに貢献。
ページのトップに戻る