ENTRY / LOGIN

職種紹介

Course Introduction

トヨタの各コース・本部に属する各職種の業務内容やミッション、社員の1日などをお伝えします。
あなたの描くキャリアプランと重ね合わせて、理想の未来を設計するための参考にしてください。

ソフトウェア&デジタルコネクティッド/制御電子

「モビリティの新価値創造」と「もっといいクルマづくり」を
コネクティッド&エレクトロニクスで実現する

主な業務内容

ソフトウェア開発、サービス・製品開発

クルマが“つながる”ために必要な技術・機器や、“つながる”ことで実現・提供できる製品・サービスの企画・開発を行うコースです。また、ソフトウェアを先行して開発・実装する「ソフトウェアファースト」なモノづくりにも挑戦しています。

“つながる”ために必要な技術・機器

コクピット(UX/UI)・HMI、車載電源システム・車載通信システム、無線通信機(DCM)、ITS

コクピット(UX/UI)・HMI

人 × In-car/Out-carをつなぐインターフェースであるコクピット周辺の企画・開発製品・商品企画、UXデザイン・ソフトウェア開発・実装・評価、ハードウェア開発・評価、量産化、サービス化後の運用・保守、ソフトウェアアップデート

車載電源システム・車載通信システム

クルマの電気・電子性能の基礎を担うシステムを開発車両電源インフラ開発、ワイヤリングシステム、車載LAN通信プロトコル開発、電子部品パッケージ企画、搭載設計

ITS*
*Intelligent Transport Systems

クルマとクルマ、クルマと路や・人とを繋げ、安全・安心な移動環境を構築サービス・商品企画、システム関連技術開発やプロジェクト推進、関係ステークホルダーへの渉外活動

ITSコネクトサービス
(車車間通信システム)
例 出会い頭注意喚起

ITSコネクトサービス
(車車間通信システム)
例 出会い頭注意喚起

VICS

ETC

“つながる”ことで実現・提供できる製品・サービス

コネクティッドサービス、MaaS、車両データを活用した新サービス

コネクティッドサービス

クルマ・ドライバーを販売店や社会と繋げ、お客様に寄り添う安全・安心で快適なサービスを提供コネクティッドサービス企画・開発、ビッグデータの分析・サービス開発、トヨタスマートセンター開発基盤構築

eケア(走行アドバイス)

MaaS*
*Mobility as a Service

コネクティッド、電動化、自動運転技術を活用したMaaS専用車両開発や車両を活用した移動に関わる様々なサービスを提供車両情報と様々な情報を繋げるモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)を基盤とし、様々な事業者と提携し次世代モビリティサービスを創出MaaS専用車両・制御システム開発、MSPF関連システム開発、モビリティサービス企画・開発、事業企画、アライアンス企画・実行

e-Palette (次世代MaaS専用車両)

MSPFを基盤としたビジネス構成イメージ

車両データを活用した新サービス

車両データの分析・解析やお客様ニーズを踏まえた新たなサービスの企画・開発データ分析・解析、サービス企画・開発・検証、営業、サービス化後の運用・保守

1日の仕事の流れ

ソフトウェア開発

  • 9:00

    在宅で業務開始
    ・次世代マルチメディアシステムのソフトウェア開発
    ・北米メンバーとの打ち合わせを踏まえ、ペアプログラミング
     →テックリードからレビュー
    ・GoogleMeetをチームで常に接続
     →相談したい時には呼びかけ

  • 12:00

    昼休み

  • 13:00

    午前同様にプログラミング

  • 17:00

    チームにてデイリースクラム

  • 17:30

    残りの業務を行い業務終了

サービス企画

  • 9:00

    在宅で業務開始
    ・仕様書事前レビュー
    ・カーシェア利用者との改善要望調査

  • 12:00

    昼休み

  • 13:00

    CoメンバーとリモートMTG
    ・課題:車載機の今後の開発方針

  • 14:00

    移動

  • 15:00

    カーシェアの整備工場にて車両データ収集システムの動作確認

  • 16:00

    帰宅・夕食

  • 19:00

    出張内容をまとめ、上司へレポート提出し業務終了

ページのトップに戻る